アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
イゾウ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
居場所が判明したS3
三人目のSは最近、居場所が判明した。彼女は名古屋に転勤になっていたのである。もしかしたら、彼女は出世コースから外れてしまったのかも知れない。最近、私の人脈の重大なポストの人らが次々に出世コースから外されている。霞ヶ関の官僚の友人はどうなのか。もし、彼らが…。 さて、少し前、私は久しぶりに赤坂の行きつけの店で妻と食事をした。桝添前都知事が二階幹事長らと行った店の近くである。ところで彼のツイッターのフォロワー数の事なのだが、あの少なさには驚いた。と同時に国家権力とはこれほどまでに恐ろしいものなのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 20:10
二人目のSについて
二人目のS(S2)はKと接点がある。沖縄系のバーのスタッフのYがKとS2を繋げたのかも知れない。当時、私は仕事のストレスをそのバーで発散していた時期があった。かなりの多額のお金をそのバー等に費やしていた記憶もある。S2はモデル志望のキレイな人でかなりもてる人だった。しかし、なぜかS2は私の事が好きだったのか何度も自宅で遊んだ記憶もある。S2と親しくなったある時、私は映画化する秘密の原本をうっかり彼女に渡した事があったが、今考えてみればあの事が私の記者生命を絶つ原因になったのかも知れない。なぜなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 19:18
Kはいずこへ
去る者追わずという言葉があるが、それでも私の脳裏にはKが在り、いまでも私の行動がKのために制御不能になる瞬間がある。それほどまで青春時代、Kは私の心に多大な影響を与えた人物だったのであろう。そのKは福島県出身で現在45歳くらいであろうと思われる。KにはHという美容師の友人がいたが、Hもいまだに消息不明である。唯一の助け船となる沖縄系のバーのマスターの情報筋によると5年前まではたまにKらが来店していたような事を話してくれた。Kらの中の何人かは銀座等でバーを経営しているという話も耳にした事がある。K... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 18:28
二人目のSとK
私たちの人脈には3人のSがいる。その内、これから話すSはKと密接な関係をもっている。まず、Kの話をしよう。あれは13年前の事である。その前にこの事は私の過去の小説(蝉をより高く)で書いた内容と少し被る。この小説は諸事情により非公開となっていたが、その原本をもっている唯一の人物はこれから話す二人目のSなのである。 さて、Kとの出会いであるが、ちょうど私がジャニーズ事務所の取材をしていた頃であった。当時、私はファンクラブみたいなものをつくらされてよく女性に誘われていた思い出があった。あなたもジャニ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 16:55
Sの行方
Sとの出会いは今考えてみれば神が私たちに与えた運命のいたずらだったのかも知れない。5年位前の話である。当時私たちは東日本大震災の取材で睡眠もあまりとれない毎日が続いていた。人工地震に間違いないと確信していた最中、とある裏通りでSと出会ったのである。SはかつてのKと容姿は似ていても中身がまったく違う心の純粋な人だった。Sは何か心の奥に傷を負っている、そんなオーラをもった人だった。私はSを別荘に誘い、話をした。Sは過去に高校中退という履歴があった。教育崩壊が進行している現代では中退は珍しい話ではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 16:10
岡田イゾウが斬る、冷戦〜
東西冷戦も世界グローバル資本らが起こした茶番劇だったと言う真実に多くの国民は気づかなければいけません。昨年、私たちは鳥越俊太郎氏を表面上で支持し、ある意味で都知事選の責任者であった私のネットワークは、鳥越俊太郎氏の事をよく知っています。一見、アナログ人間で東西冷戦に対する認識が私たちネットワークとは違うようにみえます。 しかし、彼ら( 金平、岸井、田原、大谷、青木氏…)の歴史認識も私たちデジタル世代の人間とほとんど変わりません。むしろ、彼らは歴史の真実を知っていないふりをしている可能性が高いの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 12:41
岡田イゾウが斬る 3-5
遠くの国より近くの国、地域 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 10:41
岡田イゾウが斬る 3-4
3-4 学校や会社より親、友達、恋人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 01:12
新戦争論 各論 3-3
3-3 大手マスコミを信じるな(情報戦争に負けるな) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/15 14:09
新戦争論 各論3-2〜
3-2 インターネットは偽善者と嘘の巣窟 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/15 02:28
休憩室(TPP混乱劇から日本の道を考える)
私たちの友人に安倍晋三氏とゴルフにいく首脳レベルと親密な関係を持っている人がいる。また、そもそも以前から現首相の妻、昭恵夫人の思想は私たちのネットワークと共感できる部分があるから安倍家には親しみがある。そういう意味では、亀井静香氏の安倍分析は正しい。また、三宅洋平氏と昭恵夫人のコラボ(交流)は、日本政治の前進にもなって良かった。 このように、一見、難解不可解な安倍晋三氏と安倍夫人、三宅洋平氏と安倍夫人、私たちのネットワークと安倍家の関係。 以前にも述べたが政界ではこのように、またこれ以上に複... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/14 21:11
新戦争論 各論 c〜3-1
c 戦争の因果関係 3 戦争の解決 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/14 16:10
新戦争論 各論 2
2 戦争の問題 b 平和の問題 戦争の最大の問題とは徴兵された庶民が下記の構図等を知らないままに犬死にする事である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 23:37
新戦争論 各論 1
1 戦争の現実 a 戦争の定義 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 22:27
新戦争論 (転) 世界の謎等
Q あなたはなぜ金持ちな有名人になれないのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 19:03
新戦争論 (転) 偽装対立
金と暴力、さらには麻薬、酒、女をエサにして愚民らを誘惑して支配するマイノリティ。マイノリティ化、ユダヤ化、悪魔崇拝者となった愚民ゾンビ。マイノリティはこれらの愚民、茶坊主、B層らをつかって偽装対立をさせる。対立の偽装は、戦争だけではない。ビジネスにおいても同様である。第二次世界大戦ではヒトラーもスターリンもチャーチルもみんな仲間であり親友でありユダヤ人であったと言われている。さらに昭和初期の天皇、文民軍人も隠れユダヤであったのだろう。つまり、対立を偽装していた戦争だったのである。敵対しているよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 15:12
新戦争論 (転) マイノリティ支配
アメリカ大統領選でトランプ氏が当選(仮)となったが油断はできない。例えば、選挙人が裏切って造反、そして落選、混乱、失脚、辞任、暗殺…のシナリオの想定。また、仮にトランプ氏になろうがいばらの道、修羅の地獄であり、私たち(ネットワーク)の協力なくしては変えていけない事が山積している。 トランプ氏は隠れユダヤ人であるかも知れないという想定も考えておく必要がある。 さて日本の部落、在日等とユダヤ…はマイノリティと定義する事ができる。現代社会はグローバリスト(マイノリティ)が世界を支配している。各国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 14:30
新戦争論 (結)
書店等の馬鹿な戦争論は戦術や戦略のノウハウが書いてある戦争するための戦争指導者向けの悪の教典であると感じざるを得ない。対して著者らの新戦争論とは反戦、非戦論、戦争不要論等の要素が含まれている。なぜなら、現代社会において戦争とは負しかもたらさないからである。 戦争とはけんかの延長ではない。よく、激しい対立から、激しい口論から、戦争やけんかに発展すると誤解する人が多い。しかし、戦争とはそのような感情的な高揚等で決して始まらない事を改めて理解しておく必要がある。 これまで述べてきた通り、過去の戦争... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/15 13:11
新戦争論 (転)、5
さて、ここでは別の角度から(サイコパス的)権力者を論じていく。そして、なぜ権力者らがそのような悪行の限りを尽くすのかを述べる。 ・別の角度1 マイノリティ支配 ・ その2 偽装対立 ・その3 世界の謎等 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/15 12:57
新戦争論(承 4 How)2
文明の発祥地であるために生きるノウハウの能力が他の民族よりも優れていたユダヤ人はその子孫をヨーロッパやアジアに広めた。 産業革命前後、資源を大量にイギリスに輸入し、機械による大量生産で富を得たユダヤイギリス人は通貨(金、銀、紙幣)による商業革命を起こし、従来の現物交換の常識を変えた。さらに、十字軍等の戦争、ナポレオン、ジンギスカン等の登場の裏方で交通革命を起こし、現代の自動車、電車、飛行機開発と共にそれらの基礎となる道路地図等もつくった。 また、ユダヤ世界征服戦略の根幹となる通信革命、国内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/11 00:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

イゾウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる