TPPと癌兵器

日本人の半分が癌になる現代社会。原因は食の欧米化である。特にアメリカ牛等が怪しい。TPPによってアメリカやアメリカ属国の中国、東南アジアの毒物が大量に輸入される。本来、日本の食物自給率は75%まで上げるべきだが…。
癌になって大量の利益をうみだすのは米国である。米国の製薬会社、ロックフェラー等である。ついでに米国の三大悪魔企業は、軍需(ロックフェラー)、金融(ロスチャイルド)、製薬(ロック…)である。
さて、危険食物は下記を参考にそれらを扱う外食産業の危険性も警鐘しておこう。

危険食物

・外国産牛、豚、鳥

・外国産の魚、果物、

・三陸沖近くの野菜(福島産…)

トウモロコシ、チーズ、牛乳、ヨーグルト、キャベツ、サバ、サーモン、じゃがいも…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック