戦闘ロボット対策

米国やロシア等は冷戦のトラウマから戦闘ロボットの開発に力を入れていると思われる。戦闘ロボット、ゾンビ、麻薬中毒の傭兵等は映画でも主流となっている。決してフィクションではない戦闘ロボット。
左派は生命のない機械ロボットを破壊する事には否定しないだろう。
では、ゾンビ、麻薬中毒の傭兵は生き物か?確かに生き物だが、無差別に攻撃してきた時にどう対応するかが問題である。
現在、特に麻薬中毒の傭兵は急増している。あらゆる世界の軍人と麻薬は深くつながっているからである。テロリストや殺人犯も麻薬と密接につながっている。
最近、神奈川県相模原市の障害者施設で起こった大量殺人の犯人、植松聖容疑者も麻薬中毒者であった。
麻薬はうつ病と自殺の原因でもある。うつ病の精神薬も麻薬と似たようなもので自殺の原因でもある。また、殺人衝動を導かせるのも麻薬である。麻薬は殺人犯をうみだすのである。(マック赤坂、リチャードコシミズ、船瀬俊介氏)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック