生命の尊さをもう一度考えよう

私たちはサキトブログ開設以前からも生命の大切さを何度も何度も繰り返し主張してきた。生命の大切さ、尊さ、生きる者…。そして動物たちが例えば罪深い性質であっても決して殺してはならないと。まして国家が国民の命を奪う死刑制度等当たり前のように反対である。
日本人たち、勤勉さと多忙さの資本主義社会のストレスでお金以上の価値を見落としていないですか?
お金以上に価値があるのは、愛と命である。命と愛はお金に変えれない無限の価値がある。
日本人たち、虫を平気で殺し、肉を当たり前のように食べてはいないですか?
日本人たち、よく考えて、よく感じてほしい。
その日本人たちの変な常識が戦争につながっていくという事を…。
この自然界に共存する犬や猫、鳥や豚や牛、魚。そして蝶や蝉等の昆虫、さらにネズミやゴキブリ、蚊等も皆尊く人間と同じ命である。
命、命、命。
読者の皆さん。今、目を閉じて想像してほしい。あなたがもしネズミだったら。あなたがもしゴキブリであったら。毎日にように巨大な人間に殺されないように必死で生きるのではないか。
残念ながら、日本人たちは今までネズミ等を害虫と称して殺す事しか考えてこなかった。同様に日本人たちは牛や豚を食べるものとしてしか考えてこなかった。
もし、今回の参院選で自公与党が勝てば必ずこの国は戦時体制となり、一握りの資本家らのために罪のない民と民が殺しあう事となろう。
日本人たち、私たちは先進国で生きている。長い戦争の歴史にいい加減ピリオドを打ちませんか。我欲、物欲を捨て他人の命、自分の命を大切にしませんか。
生命の大切さ、尊さをもう一度考えてみませんか。

"生命の尊さをもう一度考えよう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント