最新兵器と外交の難点

アメリカ等の最新兵器次第で日本の存立を根底から覆す事態となる。アメリカの軍事は秘密である。よって、いつ日本が滅んでもおかしくないのである。アメリカは異常なまでに戦争が好きな国である。軍縮等、絶対にする国ではない。 例えば、アメリカが南米と戦争をしても、日本の自衛隊は行かなくてはならない。なぜなら、いつ日本の存立を脅かす兵器が使われるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛した人は中国人

長い人生で最も人を好きになり愛し合った時期があった。思えば懐かしい日々だった。2人の出逢いはとある洒落た喫茶店だった。私は、原稿の締め切りの焦りから休日を利用し、その喫茶店に長くいる事になった。なぜか筆が進む、なぜか落ち着く。それは観葉植物が多い空間だったからかもしれない。 窓際からみる綺麗な摩天楼を眺め、1本の煙草を吸う。ふと、横を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国益、天皇のためにという欺瞞

自民党の憲法改正草案は危険である。55年体制以降、一度も国民投票がなく、改憲していないのは危険だからである。危険な憲法改正思想を持つ自民党などだれも支持できない。 ところが、危険なタカ派が昨年あたりから勝手に国民投票もせずに改憲してしまった。歴史上の民主政治で最も汚い卑怯な政権は安倍内閣であろう。 この安倍政権の暴走が止まらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性議員等が日本を救う

初の女性知事が誕生した東京。しかし、クリントン、サッチャー、メルケル氏等と同じ怪しいにおいがする。 一方で、嘉田元滋賀県知事、福島瑞穂議員、緑の党関連の女性議員等は同じ女性でも上記の議員等とはまったく違うにおいがする。 国難等は昔から女性が救ってきた事は歴史が証明している。卑弥呼、マザーテレサ、スーチー氏等がそうである。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表現の自由を守れ

日本の若者たち、高齢者たち、テレビに騙されるな。 日本会議組織等はマスコミを支配し、反安倍思想等を一切報道させないように企んでいる。 また、ネットを支配し、出版社等も支配しようと企んでいる。 その背後には特定秘密保護法や右翼教育等がある。 左翼は悪だと教える先生を金で操る。また、公安を金と女で資本家らが操る。 若者たち、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界中の若者たちに

狩猟民族でない農耕民族の日本。日本人は性質上、戦争をしない民族である。そして、狩猟民族であるヨーロッパ、アメリカ等は今、戦争をしないように努力している民族である。 両者を比較しても日本が世界の先頭に立って反戦平和を訴える意味は深く大きい。 世界の若者たち、日本の若者たち、戦争などまっぴら御免だと思え。 戦争というものは世界に何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ市民は金よりも人の命

人の命よりもお金が大事と考える人間の心は貧しい。 金が第一と考える資本主義は実は間違っていた。 東南アジアやアフリカ、南米を旅するピースボートを体験すると世界観は大きく変わる。 今の日本人はダメになった。改憲する資格もない。政治家亀井静香氏はこの事をずっと主張してきた。 ゴールデン街、新宿2丁目、堂山等の皆さん、そしてプロ市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争で血を流すよりも戦争反対で血を流す覚悟

今、沖縄が危ない。高江は戦争状態になっている。日本国民にとって他人事ではない問題が沖縄で起きている。 マスコミは高江の闇の部分を積極的に報道しない。 戦争体験者が最も危惧する事が日本でも起きている。 ・沖縄の民意を武力鎮圧する権力側の機動隊等 ・体制派、権力側は金をエサに全国から機動隊等を沖縄に送りこむ。 ・悪政という人災で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥越俊太郎ボランティアを終えて

1 敗因の探求 小池百合子氏に倍近く離されて落選した原因を考えてみる。 a 与野党の半数以上が小池氏に投票した。 b 総務省や学会等の選挙不正があった。 c マスコミの幹部等が鳥越氏を攻撃した。 2 やはり企業献金と資本主義は日本をダメにする d 金と保身のために働く議員の元凶は企業献金。企業と議員の質の劣化。 f 雑魚市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世代間対立とイギリスEU離脱

ネットをほとんど活用しない日本の高齢者はネットを主体に生きる日本の若者とかなりの価値観の違いをうみだす。そしてこの事が世代間対立をつくる。 イギリスでも同じ事がいえる。同じ島国であるイギリスと日本は文化や国民性も似ている。 今回のイギリスEU離脱の要因はずばりネットを活用しているイギリスの若者が主体であったと考えられる。 さて、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄とテロと米大統領選

都知事選も折り返し地点。その中で平行して重大な問題が日本や世界で進行している。日本では沖縄高江での国vs住民の戦いである。世界ではドイツでのテロである。 そして、それらが米国の次期大統領選挙にかなりの影響を及ぼしていると分析できる。 ★ 多くの沖縄の人、ドイツを含むEU圏の人、アメリカ人との取材をした結果から得たマスコミが報道し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党や社民党でも救われない人

要は少数野党を支持し、救済を求めても救われない人はたくさんいるように感じる。 つまり、困った人には希望も持てない社会が日本にもあるのではないかという事である。だからその事を変えようと宇都宮弁護士等が立ち上がった過去があるのである。 以下は私たちの提言である。 ・政党にフリーダイヤルを設置して政治家に相談しやすい社会をつくる ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元凶となるシビリアンコントロール

教育格差等が拡がったのか、親や親族の学力や年収によって子供の人生が決まってしまう、そのような時代である。昔から為政者は悪魔であり、悪魔のつくった大学等も悪魔である。従って、大学に入学する文民支配層もほぼ悪魔である(rapt)。 憲法に文民統制というのがある。つまり、軍のトップは文民しかなれないということでもある。 大学とは東大レベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢して働いている労働者たちへ

寄付文化、チップの慣習がない日本で政権野党が育たない唯一の要因は、富が悪魔に集中するシステム等があるからである。別の言い方をすると、末端の貧乏人労働者しか野党に寄付をしないからということでもある。つまり、金持ちは与党に寄付をするシステムがあるからでもある。 このシステムが日本の資本主義の悲劇でもある。弱肉強食、アメリカの犬や茶坊主らが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンカラーの意味するもの

ファーストインプレッションは人間関係の基本である。特に視界に入ってくるカラーは絶大な印象を持つ。今回、都知事選で私たち(仮)(庶民の党)のシンボルカラーである緑色をフルに使っている小池百合子氏が気になる。 選挙で緑色を使う党や人はあまり多くない。緑の党、緑の風、日本未来の党、鈴木宗男氏、元滋賀県知事嘉田由紀子氏の左派よりが積極的にかつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フリーメイソンの分裂

知事選立候補者上杉隆氏の師でもある故鳩山邦夫氏はかつて『兄はフリーメイソンで…』と公に発言していた。ある意味テロリストの真のリーダーと通じているフリーメイソンは一言で世界を支配している小さな集団とも表現できる。 フランスで再びテロが起きた。2度目である。少し前にはアメリカフロリダ州、トルコでも起きた。これらのテロで中東の戦争を長期化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改憲反対運動を市民の力で

天皇の人間宣言から70年後の今、体調悪化が懸念され、生前退位が騒がれる陛下の報道がマスコミで流れた。ますます改憲勢力が加速しているようである。特定秘密保護法、平和安全法制、派遣法改悪によって市民の表現の自由、良心的徴兵拒否、幸福追求権などが脅かされている。現政権は大声で勤労、教育、納税の義務等を叫ぶ。そして、憲法が本来持つ権力の暴走を阻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この道しかないという嘘

日本にいるブラック企業で働く皆さん、あなたに問いたい。ある政治家も言っている。必死に働いて何も考えず、何も貯金もたまらず、何も得るべきものがないなら、今、退職すべきチャンスです。あなたは何を求めて生きているの? 日本のサラリーマンたちは、アメリカの利益のために、アメリカに殺されないために働いて大搾取されている。 己の生きる為に同じ日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都知事選を操る悪魔たち

2016年東京都知事選挙の投票が7月末に行われる。今日から真夏の選挙戦が始まった。都内に行くと選挙カーとセットでの候補者の大声が聞こえてくる。参院選後の自公勝利の追い風が吹く中、都知事選は舛添問題での自公逆風の選挙戦になりそうだ。また、自民党分裂と思わせる増田、小池氏2名の争う選挙でもあるため、票が割れる結果が予想できる。 そのため野党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more