生命の尊さをもう一度考えよう

私たちはサキトブログ開設以前からも生命の大切さを何度も何度も繰り返し主張してきた。生命の大切さ、尊さ、生きる者…。そして動物たちが例えば罪深い性質であっても決して殺してはならないと。まして国家が国民の命を奪う死刑制度等当たり前のように反対である。 日本人たち、勤勉さと多忙さの資本主義社会のストレスでお金以上の価値を見落としていないです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今こそ許す力が必要

すべてを受け入れて許す事、この事こそ日本人のあるべき姿である。あいつは許せないで始まるマイナスの感情は何もプラスを生み出せない。 あいつは許せない、あの国は許せない、犯罪者やテロリストは許せない。だから戦争で解決しようとする。破壊は何もプラスを生まない。 知的レベルの高い日本人だからもう少し物事を深く考えようじゃないか。 与党を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者たち、政治は政策だけで動かない

若者たち、一流大学に入って政治を勉強しなくても国は動かせる。政策や対案を考えるだけの野党では与党になれない。 若者たち、偏った受験勉強なんかしなくてもよい。もっと感情的になろう。そしてもっと国に甘えよう。なぜなら甘えているのは政治家本人だからだ。政治家本人がアメリカや強い者、大富豪に甘えている。また、強い者らにゴマをする。今の政治家が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者たち、三宅洋平氏に注目しよう

若者たち、私たちも常々に感じるよ。この国での生きづらさを。 もっと自由になりたい。もっと解放されたい。もっと元気になりたい。もっと困っている人を助けたい。みんなの笑顔がみたい。それが本来の人間らしさではないか。 若者たち、君たちは日本の宝だよ。常に家や学校や職場で怒られ、他人に左右されて自分を見失っている君にとってその言葉は癒やされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者たち、参院選を盛り上げていこう

2016年7月10日(日曜日)が参議院選挙の投票日だ。今回の国政選挙では前回と違い18歳以上の選挙権が認められるように変わった。 日本の若者たち、私たちと共に選挙を考え、そして選挙に行って投票をしてみないか。 今回の参院選、有権者の全員が野党に投票しないと恐ろしい近未来になると考えている。 なぜか?今回の選挙でもし与党が勝てば憲法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自殺をなくす方法

・テレビをみない事 ・安倍政権を退陣させる事 ・法律(刑法等)を廃止する事 ・ブラック企業を辞める事 ・生活保護や失業給付を受ける事 ・海外に移住する事 ・日光浴、ウォーキング、入浴する ・毒親と離れて生活する事 ・右翼に関わらない事 ・ファーストフードは食べない ・コンビニ食は食べない ・昭和中期の家(米国式でない)に住む ・政治家を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食文化と戦争と宗教

狩猟民族である欧米、大陸国家では食文化、戦争観、宗教がその国の人間性を形成しており、それらが常識となっています。その欧米等の常識、特に戦争と肉食の常識は21世紀を生きる人類にとっては相応しくありません。人類の歴史が始まって数千年、現在に至るまでに戦争だけは無くなる事がありませんでした。なぜでしょうか? それは根本的に米国らの尊い生命に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本というだれもが信用できない国

プラザ合意以降が原因なのか日本の債務は1000兆円を超えました。債権国家で対外債務がなく特別会計で偽装する国ですから実質的に借金は1円もありませんが…。 国家が平気で市民に嘘をつくこの国ではすべてが嘘に聞こえてきます。 3 11人工地震、9 11北関東人工決壊、911 アメリカツインタワー崩壊、オウム事件、阪神淡路大震災等々。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党共闘等だれも期待しない

日本はかつて政党政治の腐敗を打破しようと軍が台頭して政権をとった歴史を歩んでいます。226事件等で昭和初期は軍事政権となりました。 今、まさに野党や自公の政党の存立自体が危うくなっています。歴史は繰り返します。だれも選挙に行きたくないでしょう。どの政党も信用できないからです。 政治家だけではありません。 この国のすべてが信用できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虐待と核シェルター

虐待、暴力、心中とナイフ、ピストル、核兵器はつながっています。 それらに対して対極しているのは、盾、防弾服、核シェルターであります。 情けない日本は、スイス、アメリカ、ロシアのシェルター保有率を見習ったらどうでしょうか? シェルターに限らず、守備、防御、防衛。自衛隊なら普通に核シェルターを民間に普及させようと考えませんか? シェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニート、引きこもり等の真実

右翼、保守思想、低学歴な者の多くは、ニート、引きこもり等を殺そうとする。自分の息子であっても殺そうとする。 実は現代のニート等こそ、社会を良くしようとする反体制派であるのにも関わらず…。 親が子供を殺して無罪。これが日本の司法のリアルである。ほとんど無罪に近い判決を下す本当に情けない司法ではないか。 不良等が適当に結婚したり、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供は善、親と社会が悪

日本やアジアは息子殺し等の事件が多すぎる。適当にセックスして産んだ無責任な親が子供を平気で殺す。 なんと悲劇で酷い事か。発展途上国以上に情けない親ではないか。 昔から不良と貧困の連鎖は続いているが、不良の親も不良であり、虐待される子供の親も虐待されて育っている。ほとんどである。そして、その連鎖を生み出す元凶が社会にある事に気が付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3x 子供は善、親と社会が悪

・安部内閣の傘下、伊藤、戸塚、田母神氏等の学校的施設 右翼政権の影響でスパルタ、体罰、暴力が当たり前な社会になった。 子供に自由と権利はない。確かに子供を進歩させる為の正しい体罰は良い。 しかし、あくまで正しい体罰に限り、間違った体罰は単なる暴力、虐待に尽きる。 そもそも上記の一部やその他の施設は校長等の経歴が低学歴で犯罪歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3f サイコパス問題の解決

さて、関係者や読書の諸君。 サイコパス撲滅という目的を達成するためのサイコパス問題の解決法等の難易度は、未知の感染症や難病を治療するよりも、地球外の惑星に移住するよりも、タイムマシーンをつくるよりも高いかも知れない。その意味で非常に価値が高いテーマでもある。 そしてそれを踏まえた上で、アフリカ少数民族言語を通訳するプロセスに似た学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパス社会10

5 サイコパスの問題点 a Bを含む愚民とサイコパスを大量に生産して、良心に満ちた庶民たちが排除され生きづらい社会になる。 b サイコパスは外見等で判別しにくいため庶民が騙され、被害者、犠牲者、泣き寝入り状態になる。 c 既にサイコパスは恐竜と蟻が戦うレベルまで差がついていて、前者恐竜サイコパスの暴走を阻止するのは困難となってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパス社会9

4 因果関係 大昔から国家形成の必要条件はサイコパスとBでありました。それら体制派に反対するアナキスト、良心的社会主義者、共産主義者等は悉く惨殺されました。例えば、小林多喜二、大杉栄、プルードンらは最後まで国家権力と戦いました。 闘いは多くの庶民を味方につけ現代に至ります。 サイコパスはサイコパスとBを養成し、子孫を繁栄しよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパス社会8

3 サイコパスの外見、趣味等 在朝、在中、在韓の中の共産B型的勢力と、部落、警察、ヤクザ、ドクター(獣医等)、自衛隊等はルーツが似通っておりトサツと拷問等を生きがいにしています。軍人、中東、ロシアにも少し似ています。人生のほとんどを刑務所で過ごす事もあり脱獄も多々あります。白人低所得者層、黒人等の西洋にも通じており、東洋と西洋等の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパス社会7

科学では仮説をたて、実験をした結果、仮説が定説になるか否かを判断するという定義をもっています。 一方、思想は根本に万人の自由という概念がはいっているため、教育に思想を導入すると例えば教育の目的である進歩を合理的に達成することが困難になります。 教育の目的が進歩であるなら、その合理的手段は正しい体罰であると科学は証明しています。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパス社会6

2 サイコパスの学校環境と人格形成 サイコパスたちが通う例えば灘、開成等の名門校や、名門の保育園、小学校等の教師と警察庁の刑務所の教官には微妙に接点が あります。それは優等生や犯罪者をサイコパス化しようという志を無意識に持っているという点でもあります。 つまり、時の為政者は自身もサイコパスのために義務教育でも完全なるサイコパスを生み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパス社会5

1 サイコパスの家庭環境と人格形成 サイコパスは閑静な高級住宅街で育ち、親は社会的地位が高く、お金持ちで裕福な家庭が多いです。核家族家庭が多く、仕事等の都合上、祖父母と別居しているケースや単身赴任等で父親が家にいないケースも目立ちます。 この為、祖父母とのコミュニケーション、または単身赴任や多忙な父親とのそれがない家庭環境で育っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more