イゾウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田イゾウが斬る 3-4

<<   作成日時 : 2017/01/21 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3-4 学校や会社より親、友達、恋人

hello,you guys, a happy new year、2017

激動の年が始まりました。政界では相変わらずアメリカごますり人が市民を見捨てて暴走しています。
市民、私たちは、そして野党は小異を捨て大同につく精神を忘れてはなりません。
また、私たちは今一度、身近な関係にある親、親友、恋人等の事を思いましょう。そして、それらの人を最優先に考えて行動する精神を持ちましょう。
安倍化していくグローバル資本、つまりはあなたの勤め先の会社をあなたは安易に信用してはなりません。
今、あなたが学生ならその学校も先生等も安易に信用してはいけません。
激動の年2017、トランプ氏を過剰に期待してもいけません。ヒーローはあなた自身であり、あなたには多くの身近な市民と連帯する権利も有しています。
例えば、Facebookやツイッター等で思いを共有し、壊れかけた立憲民主主義を再建していく。焦らず一歩一歩前進していきましょう。
昨年から何度も言っていますが、デジタル化、ネット、ITの時代において、人はうっかり会って話してもない人を安易に信用するようになりました。しかし、あなたは絶対に会って話した事がないその人を安易に信用してはいけません。
アナログ時代にはアナログのもつ良さがありました。生身の人と直接会って、相手の目を見て話す等、この事であなたは相手を深く理解できるのです。スカイプやline、電話等のデジタル時代にはない良さがそこにあるのです。
身近にいる人と多少の価値観等の違いがあっても協調していく事で地域共同体の持つ力はとてつもなく強くなっていきます。
グローバリズムの暴走もナショナリズムの暴走も貧困と戦争をうみだします。
しかし、私たちは地域共同体同士が互いに多様性を認め合い協調していけば平和な社会が持続すると考えています。
そして互いに思い合う地域共同体に格差などは存在しません。他人の事などどうでもよいと考える新自由主義とグローバル化が暴走したから弱肉強食で成長路線の排他的競争社会を生み出したのです。
今一度、現代社会というものを過去の歴史と比較して深く再考しましょう。
私たち日本人は平和と共生の精神をなくしては歩む道がありません。行くべき道は成長や進歩や革新等とは離れた成熟への道
だという事にそろそろ気付いていかなくてはならない、今年はどうやらそのような激動の中から覚醒を導く一年になりそうな感じです。
今後もイゾウネットワークのご支援等よろしくお願い致します。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
岡田イゾウが斬る 3-4 イゾウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる