居場所が判明したS3

三人目のSは最近、居場所が判明した。彼女は名古屋に転勤になっていたのである。もしかしたら、彼女は出世コースから外れてしまったのかも知れない。最近、私の人脈の重大なポストの人らが次々に出世コースから外されている。霞ヶ関の官僚の友人はどうなのか。もし、彼らが…。 さて、少し前、私は久しぶりに赤坂の行きつけの店で妻と食事をした。桝添前都知事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人目のSについて

二人目のS(S2)はKと接点がある。沖縄系のバーのスタッフのYがKとS2を繋げたのかも知れない。当時、私は仕事のストレスをそのバーで発散していた時期があった。かなりの多額のお金をそのバー等に費やしていた記憶もある。S2はモデル志望のキレイな人でかなりもてる人だった。しかし、なぜかS2は私の事が好きだったのか何度も自宅で遊んだ記憶もある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kはいずこへ

去る者追わずという言葉があるが、それでも私の脳裏にはKが在り、いまでも私の行動がKのために制御不能になる瞬間がある。それほどまで青春時代、Kは私の心に多大な影響を与えた人物だったのであろう。そのKは福島県出身で現在45歳くらいであろうと思われる。KにはHという美容師の友人がいたが、Hもいまだに消息不明である。唯一の助け船となる沖縄系のバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人目のSとK

私たちの人脈には3人のSがいる。その内、これから話すSはKと密接な関係をもっている。まず、Kの話をしよう。あれは13年前の事である。その前にこの事は私の過去の小説(蝉をより高く)で書いた内容と少し被る。この小説は諸事情により非公開となっていたが、その原本をもっている唯一の人物はこれから話す二人目のSなのである。 さて、Kとの出会いであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sの行方

Sとの出会いは今考えてみれば神が私たちに与えた運命のいたずらだったのかも知れない。5年位前の話である。当時私たちは東日本大震災の取材で睡眠もあまりとれない毎日が続いていた。人工地震に間違いないと確信していた最中、とある裏通りでSと出会ったのである。SはかつてのKと容姿は似ていても中身がまったく違う心の純粋な人だった。Sは何か心の奥に傷を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田イゾウが斬る、冷戦~

東西冷戦も世界グローバル資本らが起こした茶番劇だったと言う真実に多くの国民は気づかなければいけません。昨年、私たちは鳥越俊太郎氏を表面上で支持し、ある意味で都知事選の責任者であった私のネットワークは、鳥越俊太郎氏の事をよく知っています。一見、アナログ人間で東西冷戦に対する認識が私たちネットワークとは違うようにみえます。 しかし、彼ら(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田イゾウが斬る 3-5

遠くの国より近くの国、地域 皆さん、東アジア共同体という言葉を聞いた事はあるでしょうか。 私たち日本は未だに軍事を遠く離れた太平洋の端のアメリカ合衆国(米国)という国に依存しています。そしてその米軍の基地のほとんどが沖縄にあります。私たち日本は米国のトランプ大統領によって、この米軍基地の問題を真剣に考えざるを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田イゾウが斬る 3-4

3-4 学校や会社より親、友達、恋人 hello,you guys, a happy new year、2017 激動の年が始まりました。政界では相変わらずアメリカごますり人が市民を見捨てて暴走しています。 市民、私たちは、そして野党は小異を捨て大同につく精神を忘れてはなりません。 また、私たちは今一度、身近な関係にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 各論 3-3

3-3 大手マスコミを信じるな(情報戦争に負けるな) 昨今の戦争を裏で操りコントロールしているのはマスコミである。今の電通でもある。この大手マスコミが過去の戦争でも国民をマインドコントロール、brainwashingしていた。テレビがない時代では大手マスコミ=新聞社等である。 現在の戦争とは一言でいえば情報戦争である。情報を制する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 各論3-2~

3-2 インターネットは偽善者と嘘の巣窟 私たち日本人は核兵器に対抗できる武器の開発をしてこなかった。それは、平和憲法や条約上の制約があっての事ではある。また、核に関する議論さえもタブーとされてきた。ちなみに日本の四大四天王タブーが核兵器、天皇、国の特別会計、電通である。このようなタブーとはイコール米国の圧力である。このような不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩室(TPP混乱劇から日本の道を考える)

私たちの友人に安倍晋三氏とゴルフにいく首脳レベルと親密な関係を持っている人がいる。また、そもそも以前から現首相の妻、昭恵夫人の思想は私たちのネットワークと共感できる部分があるから安倍家には親しみがある。そういう意味では、亀井静香氏の安倍分析は正しい。また、三宅洋平氏と昭恵夫人のコラボ(交流)は、日本政治の前進にもなって良かった。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 各論 c~3-1

c 戦争の因果関係 3 戦争の解決 c-1 すべての戦争は1%の権力者らのため c-2 過去の戦争等の因果関係を検証 3 戦争の解決 3-1 有名人(政治家、陰謀論者等)は疑え 3-2 インターネットは偽善者と嘘の巣窟 3-3 大手マスコミを信じるな(情報戦争に負 けるな) 3-4 学校や会社より親、友達、恋人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 各論 2

2 戦争の問題 b 平和の問題 戦争の最大の問題とは徴兵された庶民が下記の構図等を知らないままに犬死にする事である。 世界や日本の事件や事故等の背景には必ずどこかの戦争に関連性を持っている。以下に事件等と戦争の等式を記す。 く ・黒木昭雄氏不審死、名張ぶどう酒冤罪事件、秋葉原事件=山口組分裂=中東戦争 ・石井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 各論 1

1 戦争の現実 a 戦争の定義 宇宙規模で地球を考察すると地球とは戦争ばかりする囚人同士の殺しあう檻と表現することができる。大きな戦争は中東やアフリカ、中南米等の事を言い、小さな戦争は数えきれないほどたくさんある。例えばテロや冷戦も小さな戦争であろう。テロはイスラム過激派であり、冷戦とはかつての米ソの対立だけではない。かなりの緊迫状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 (転) 世界の謎等

Q あなたはなぜ金持ちな有名人になれないのか? A あなたは善人だからである。金持ちになりたいなら悪魔崇拝者等と関係をもてばいい。悪魔的なマスコミと関係をもてば有名人になれる。 Q なぜ世界中、どこへ行っても結局同じ社会の仕組みなのか? A 世界統一政府がすでに存在しているからである(イルミナティ等)。 Q なぜ今、世界中が大恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 (転) 偽装対立

金と暴力、さらには麻薬、酒、女をエサにして愚民らを誘惑して支配するマイノリティ。マイノリティ化、ユダヤ化、悪魔崇拝者となった愚民ゾンビ。マイノリティはこれらの愚民、茶坊主、B層らをつかって偽装対立をさせる。対立の偽装は、戦争だけではない。ビジネスにおいても同様である。第二次世界大戦ではヒトラーもスターリンもチャーチルもみんな仲間であり親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 (転) マイノリティ支配

アメリカ大統領選でトランプ氏が当選(仮)となったが油断はできない。例えば、選挙人が裏切って造反、そして落選、混乱、失脚、辞任、暗殺…のシナリオの想定。また、仮にトランプ氏になろうがいばらの道、修羅の地獄であり、私たち(ネットワーク)の協力なくしては変えていけない事が山積している。 トランプ氏は隠れユダヤ人であるかも知れないという想定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 (結)

書店等の馬鹿な戦争論は戦術や戦略のノウハウが書いてある戦争するための戦争指導者向けの悪の教典であると感じざるを得ない。対して著者らの新戦争論とは反戦、非戦論、戦争不要論等の要素が含まれている。なぜなら、現代社会において戦争とは負しかもたらさないからである。 戦争とはけんかの延長ではない。よく、激しい対立から、激しい口論から、戦争やけん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論 (転)、5

さて、ここでは別の角度から(サイコパス的)権力者を論じていく。そして、なぜ権力者らがそのような悪行の限りを尽くすのかを述べる。 ・別の角度1 マイノリティ支配 ・ その2 偽装対立 ・その3 世界の謎等 5 なぜ…。 まず、5から述べ、別の角度マイノリティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新戦争論(承 4 How)2

文明の発祥地であるために生きるノウハウの能力が他の民族よりも優れていたユダヤ人はその子孫をヨーロッパやアジアに広めた。 産業革命前後、資源を大量にイギリスに輸入し、機械による大量生産で富を得たユダヤイギリス人は通貨(金、銀、紙幣)による商業革命を起こし、従来の現物交換の常識を変えた。さらに、十字軍等の戦争、ナポレオン、ジンギスカン等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more