フリーメイソンの分裂

知事選立候補者上杉隆氏の師でもある故鳩山邦夫氏はかつて『兄はフリーメイソンで…』と公に発言していた。ある意味テロリストの真のリーダーと通じているフリーメイソンは一言で世界を支配している小さな集団とも表現できる。
フランスで再びテロが起きた。2度目である。少し前にはアメリカフロリダ州、トルコでも起きた。これらのテロで中東の戦争を長期化させる原因を創るのなら、軍需産業主体の米国が利益を得続ける。
テロリストがフリーメイソンと通じていないという見方もできる。それは、反米精神をもったイスラム過激派の精一杯の抗議=テロという方程式である。
今、世界はイルミナティ等のコントロールが不能な状態になっており、混乱しているかも知れない。その原因は米国の次期大統領候補者であるトランプ氏やサンダース氏の人気にある。
大富豪=フリーメイソンの暴走を許さないと立ち上がった者がなんと共和党からも民主党からもいる。しかし、最近になってサンダース氏はヒラリークリントン氏の支持を表明し、ある意味米国民の支持を失ったという点や、亀井静香、石原慎太郎氏が意見交換を求めてトランプ氏のアメリカに行くという点等が、不可解、不自然…である。
政治は理屈では解決しないという亀井氏の言葉が、上記の事で理解できる。
また、故町村氏の北海道でのロシア外交も変わってきている。そして、プーチン氏と習近平の友好関係が日本の東北まで影響している。この事は、参院選東北地方で自公が負けた原因にも通じている。
明らかに権力構造は変化してきている。つまり、フリーメイソンは分裂して、世界が統制できなくなってきているのである。
しかし、世界中の民よ、日本人たち、いずれにしてもこれまで述べた事を自分の目で確かめなければ真実にたどり着けない。なぜなら、マスコミや政治家は嘘が多いからである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック