マスコミが戦争を導く

市民団体が都知事選の出口調査を都内5箇所の投票所 で実施。その結果次の通りになったという。 鳥越候補 …… 196人(70%) 小池候補 …… 33人(12%) 増田候補 …… 23人(8%)

上記のように悪徳メディアマスゴミは、左翼学閥を暴走させた結果、不正選挙の報道を一切しない。上記の件で選挙は無効となり、やり直さなければならない。
信憑性に欠ける等の問題ではない。特にNHKは多様な民意を報道する使命があるのではないか。
昭和初期、軍部の戦争をマスコミが反対せずに報道し続けた罪は問われないのか。
メディアは本来、権力を監視する事、権力に意見を言う役割を担うが、残念ながらメディアを支える大企業スポンサーは完全に権力に迎合している。従ってマイノリティは常に闇に産まれ、闇に消えていく悲劇を連鎖し続ける。これが、資本主義、新自由主義の悲劇でもあるのだ。
大企業、マスコミ、大富豪らはマネー以上に価値がある発展途上国の人々と生に触れあう事等をしなければならない。
発展途上国の人々はお金よりも愛情を大切にする。なぜなら愛はお金に換えられない無限の価値がある事を知っているからである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック