居場所が判明したS3

三人目のSは最近、居場所が判明した。彼女は名古屋に転勤になっていたのである。もしかしたら、彼女は出世コースから外れてしまったのかも知れない。最近、私の人脈の重大なポストの人らが次々に出世コースから外されている。霞ヶ関の官僚の友人はどうなのか。もし、彼らが…。 さて、少し前、私は久しぶりに赤坂の行きつけの店で妻と食事をした。桝添前都知事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人目のSについて

二人目のS(S2)はKと接点がある。沖縄系のバーのスタッフのYがKとS2を繋げたのかも知れない。当時、私は仕事のストレスをそのバーで発散していた時期があった。かなりの多額のお金をそのバー等に費やしていた記憶もある。S2はモデル志望のキレイな人でかなりもてる人だった。しかし、なぜかS2は私の事が好きだったのか何度も自宅で遊んだ記憶もある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kはいずこへ

去る者追わずという言葉があるが、それでも私の脳裏にはKが在り、いまでも私の行動がKのために制御不能になる瞬間がある。それほどまで青春時代、Kは私の心に多大な影響を与えた人物だったのであろう。そのKは福島県出身で現在45歳くらいであろうと思われる。KにはHという美容師の友人がいたが、Hもいまだに消息不明である。唯一の助け船となる沖縄系のバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人目のSとK

私たちの人脈には3人のSがいる。その内、これから話すSはKと密接な関係をもっている。まず、Kの話をしよう。あれは13年前の事である。その前にこの事は私の過去の小説(蝉をより高く)で書いた内容と少し被る。この小説は諸事情により非公開となっていたが、その原本をもっている唯一の人物はこれから話す二人目のSなのである。 さて、Kとの出会いであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sの行方

Sとの出会いは今考えてみれば神が私たちに与えた運命のいたずらだったのかも知れない。5年位前の話である。当時私たちは東日本大震災の取材で睡眠もあまりとれない毎日が続いていた。人工地震に間違いないと確信していた最中、とある裏通りでSと出会ったのである。SはかつてのKと容姿は似ていても中身がまったく違う心の純粋な人だった。Sは何か心の奥に傷を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田イゾウが斬る、冷戦~

東西冷戦も世界グローバル資本らが起こした茶番劇だったと言う真実に多くの国民は気づかなければいけません。昨年、私たちは鳥越俊太郎氏を表面上で支持し、ある意味で都知事選の責任者であった私のネットワークは、鳥越俊太郎氏の事をよく知っています。一見、アナログ人間で東西冷戦に対する認識が私たちネットワークとは違うようにみえます。 しかし、彼ら(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田イゾウが斬る 3-5

遠くの国より近くの国、地域 皆さん、東アジア共同体という言葉を聞いた事はあるでしょうか。 私たち日本は未だに軍事を遠く離れた太平洋の端のアメリカ合衆国(米国)という国に依存しています。そしてその米軍の基地のほとんどが沖縄にあります。私たち日本は米国のトランプ大統領によって、この米軍基地の問題を真剣に考えざるを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田イゾウが斬る 3-4

3-4 学校や会社より親、友達、恋人 hello,you guys, a happy new year、2017 激動の年が始まりました。政界では相変わらずアメリカごますり人が市民を見捨てて暴走しています。 市民、私たちは、そして野党は小異を捨て大同につく精神を忘れてはなりません。 また、私たちは今一度、身近な関係にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more